ぽり茶日記

poricha.exblog.jp ブログトップ

タグ:春川日記 ( 14 ) タグの人気記事

パッピンス サムギョプサル

朝6時に起きて、カンさん一家と朝市に行きました。
LGマートに行く途中の歩道に100mくらい野菜や果物、洋服などなど様々な商品が並べられていました。とても風情のある光景だったので写真を撮っていると、果物屋のアジュンマが恐い顔でやってきて猛烈に怒り始めました。
Jちゃんが(日本から来ている人だから撮らせてください)、というようなことを言ってくれたんだと思いますが、余計恐い顔になってしまいました。무서워~(´;゚;ё;゚;)
a0043512_2030263.jpg

家に戻ってキンパップ(韓国海苔巻き)の朝ごはんを食べた後、オンニとオッパは海に一泊旅行に出かけました。私はJちゃんに学院まで送ってもらいました。

さて、学院のオ先生は、いかにも韓国男児!という感じです。
明るくて、面倒見がよくて、信頼できる友だちや後輩に恵まれて。
そして、あれこれ考えるよりもまず行動してみる・・・これは先生がこの前まで勤務していた現代グループの企業風土だそうで、頭より体力!だそうです。*^^*
一方サムソングループはインテリばかり採用していて慎重で、現代とは正反対だそうです。
どちらも韓国を代表する大財閥なのに、こんなに企業風土が違うなんて面白いですね~。

勉強の後、キンパプ屋さんでお昼を食べた後、ミョンドンを散歩しました。暑かったので、ちょっと歩いてすぐカフェに入り、一度食べてみたかったパッピンスを注文。
a0043512_20311414.jpg

Rちゃんによると、「こんなのパッピンスじゃな~い!」だそうですが、正統派パッピンスを知らない私には充分美味しかったんです。^^

その後、市庁前に集合して、先生の車でホームステイ先めぐりをしました。
まずはRちゃんがステイしているお宅。学院のすぐ近くの単独住宅で、ここも広い庭に犬が2匹。家もとても立派でした。

次に私のステイ先へ。郊外なので、「長野みたいな雰囲気だね~」なんていいながら到着。みんなで立派なお宅だねえ、すごいねえ、と感心していると、ボッピーが怪しい集団に気づいて吠え始め、家にいたJちゃんが出てきてみんなとご挨拶。
「ステイ先巡りの続きをしてくるね~♪」といって、再び車に乗り込みました。

この後、Mさんのステイ先のメガネ屋さんにお邪魔して記念写真をとり、最後にTさんのステイ先のアパートまで行ってTさんを降ろしてツアー終了。재미있었어요~*^^*

夜、Y子先生とRちゃんと私、そしてY子先生のかつての教え子のウンさんの4人でサムギョプサル(豚の三枚肉焼肉)を食べました。初めてのサムギョプサル、最高に美味しかったです。ウンさんご馳走様でした!
a0043512_20321638.jpg

隣のテーブルにいたアジョシ集団が、日本語を話している私たちに興味をもって、いろいろ話しかけてきました。そしてソジュ(焼酎)を勧められ、みな1杯ずついただいて返杯した後、ちょっとアジョシがしつこくなってきたのでお店を出てカフェーに行きました。

ここでもうひとりの先生の教え子ソさん合流。
ウンさんとソさんは、偶然同じ日に結婚したという縁のある新婚さんです。
ソさんのお宅には夫婦のラブラブ写真がたくさん飾ってあるそうですが、ケンカすると写真を破り捨てたくなる、なんて言ってました。フフフ~^^
Y子先生はすぐに日本に帰らなければならなかったので、韓国語のレベルが他の3名と比べて低い私とRちゃんを心配してくださって、何か困ったことがあったら相談しなさいと、日本語のできるウンさんとソさんを引き合わせてくださったのでした。

結局困ったことは一度もなく、慌しく日々を送っていたので、連絡する機会がなかったんですが、おふたりともとてもいい方たちで、お話ししていて楽しかったので、できればもう一度お会いしたかったなあ・・・と後悔しています。



--------------- 水と黒豆牛乳w1,050 昼食(キンパプ)w2,000 パッピンスw4,000
[PR]
by poricha | 2005-08-02 00:00 | 春川日記2005

チャメ オクスス

今日からcc-academyでの3週間の語学研修が始まります。
朝、Jちゃんに車で送ってもらい、1階のファミマでお茶を買ってから6階の学院へ。

参加者は私を含めて5名。大阪外大の女の子Eちゃん、関西の書店にお勤めRちゃん、奈良にお住まいの主婦Mさん、長野のデザイン会社社長Tさん、そして私。

年齢も経験もバラバラですが、韓国に惹かれてここにやってきた、という共通項目で結ばれた5人。韓国語はもちろん、みんなとうまくやっていきたいな・・・。

簡単なオリエンテーション、続いて自己紹介。そして今回の語学プログラムの目標について、「地元の人々との交流を通して、お互いの偏見や誤解を解いて理解を深め合えたら」、と、そんな風なことをお話しされました。

この日はテキストを使った授業はなく、お昼を近所の食堂で食べて解散となりました。
他の参加者は皆市内にステイしているのでそれぞれ帰っていきました。
私のステイ先はバスが通っていないということで、なんと、毎回オ先生の車で送っていただくことになりました。ありがとうございます~>0<;

家に帰ると、オッパがひとりでした。バルコニーでオッパと一緒にメロンアイスを食べていると、Jちゃんが帰ってきました。

「오늘은 무엇을 했어yo?(今日は何をしたの?)」と、数少ない知っている韓国語で聞いてみました。今日は午前中、ボッピーのシャワーをして、午後は友だちの家に遊びに行って、友だちのお家がタットリタンのお店なので、お手伝いもしたそうです。

涼しいバルコニーで3人でまったりしていると、オンニがチャメとオクススを持って帰ってきました。チャメとは日本語でマクワ瓜のことだそうですが、私は日本で見たことないです。手のひらサイズでレモン色をしていて、甘さはあまりないですが、素朴な味わいがあります。

夜、ステイ費用をオンニに渡しました。事前に、何と言って渡したらいいかJちゃんに教えてもらい、「turirukkeyo」(差し上げます)といって受け取ってもらいました。

ところで、日本語の語感ではこういう状況で「差し上げます」は、なんだかピンと来ないですよね。ちょっと失礼な感じがしないかな~と心配しましたが、韓国語ではこの表現でOKのようです。



-------------------- お茶w1,000 昼食(ネンコンククス)w3,500 ステイ費w400,000
[PR]
by poricha | 2005-08-01 00:00 | 春川日記2005

江原道春川は長野に似ている

まだ暗い早朝、どこかでたくさんの犬が一斉に吠える声と、この家で飼っている鶏たちのけたたましい時の声で目覚めました。

私がホームステイすることになったお宅は、春川郊外の一戸建住宅で、松葉ボタンがかわいく咲いている、きれいな広い庭があります。
後日ソウルの友だちに聞いたところ、ちょっと前まで韓国ではアパート(日本のマンション)を持つことがブーム&ステータスだったそうですが、最近は郊外に洒落た一戸建住宅(田園住宅)を持つことがブームになってきているそうです。

カンさん宅はまさに田園住宅。見渡す限り山や畑などの緑に囲まれていて、とても気持ちのよい環境です。それでいて市内まで車で10分くらいで行けるので便利です。
a0043512_172061.jpg

2階の窓から見える前庭の一角。家の横にある庭では、韓国料理に欠かせない青唐辛子(コチュ)や、プチトマトなど、様々な野菜を作っています。
a0043512_17203643.jpg

昼間は暑いですが、夜はとても涼しくエアコンは必要ないです。風がない夜も扇風機で充分。下の写真は、私が使わせてもらったこの家の長男の方の部屋で、2階にあります。
この部屋の主はソウルで公務員試験の勉強をしているそうです。
a0043512_17205863.jpg

さて、カンさんご家族を紹介します。

ご主人は、地元春川の警察官です。私が汗だくで学院から戻ると、アイスクリームを出してくださったり、とても優しい方です。でも時々眼光が鋭いときがあって、きっと仕事熱心で、厳しい上司なんだろうなあ、と、警察での仕事ぶりを想像します。
名刺に印刷された韓国警察のマスコット「ホドリくん」がかわいいです。日本の警察官の名刺にも「ピーボくん」が印刷されてるのかな?
a0043512_17211293.jpg

奥さんは専業主婦です。家の中はいつも奥さんの元気な声が響いています。
何を言っているか、さっぱりわかりませんが、私はこの声を聴くのが好きです。
私が部屋で勉強していると、よくオクススを差し入れてくださいます。
ところで、オクススはトウモロコシの一種ですが、日本のとはだいぶ違います。
あまり甘くないですが、モチモチした食感が美味しいです。

Jちゃん。家族に愛されて、大切に育てられてきたのがよくわかる、清楚でかわいらしい女の子です。地元の江原大学日本語科の4年生で、福岡にホームステイしたり、彦根市で老人ホームに住み込んでボランティア活動したこともあり、日本のことをよく知っているし、日本語はとても上手です。

それからヨークシャテリアのボッピー、白い大型犬ベック、鶏9羽、インコ1羽・・・
a0043512_17213431.jpg

ボッピーとベックは誰かくるとすごく吠えるので、よく奥さんが「ヤー!シックロッ!シックロッ!」と怒ります。シックロ?・・・・・辞書で調べて、「시끄러워! うるさい!」て怒ってるんだとわかりました。春川に来て最初におぼえた単語は「시끄럽다 うるさい」。*^^*

朝食のとき、みなさんをどう呼んだらいいか聞いてみました。
ご主人をオッパ(お兄さん)、奥さんをオンニ(お姉さん)、そしてJと呼ぶように、とのことでした。

午前中は、Jちゃんと学院へ。
学院の先生方と日本人参加者1名と顔合わせをして、お昼は春川名物マッククスをご馳走になりました。マッククスは蕎麦で作った冷麺です。
お店には冬ソナのポスターがドーンと貼られていて、日本の冬ソナファンがここにも大勢きているようでした。

さて、家に帰ってすぐ、オッパとオンニが仲良くプールに出かけたので、私とJちゃんは近くのスーパーマーケット(LGマート)に買い物に行きました。
並んでいるものは日本と変わらなくても、パッケージデザイン、商品の目立たせ方、おまけ、買物客など、やはり雰囲気が違って面白いです。
キムチ売り場では特大パッケージにショッピングカートがくっついていて、この気の利いたおまけに笑ってしまいました。

鮮魚コーナーでパチリ。女の子の後姿がかわいいです。双子かな?
a0043512_17225875.jpg


-------------------- アイス(トマトマ) w330
[PR]
by poricha | 2005-07-31 00:00 | 春川日記2005

春川到着

アシアナ103便(成田発15:25)に搭乗。韓国仁川空港にほぼ定刻の18頃到着。

仁川空港から春川行きバスは、18:30発を逃すと次のバスまで2時間も待たなければならないので、荷物を受け取って18:15に空港ビルを出るや、春川行きバス乗り場を探して走りに走りました。

出発ギリギリでバスに飛び乗り、ほっと一息。これから終点の春川まで約3時間、のんびり乗っていればいいだけです。

これから約3週間、韓国の春川という地方都市で、韓国語の短期語学研修に参加するのです。バスの中から携帯で学院に予定通りのバスに乗れたことを報告。

さて、21時半頃到着するはずが途中大渋滞で、到着したのは23時過ぎでした。
よろよろとバスを降りると、体格のいい30台と思われる男性と大学生くらいの女の子が迎えてくれました。
男性は、これから学院で韓国語を教えてくださるオ先生。
女の子は私が3週間お世話になるカンさん宅のお嬢さんでした。
2時間近くもお待たせしてしまって申し訳なかったです。

先生の車でカンさん宅に送ってもらい、時間が遅かったので、ご家族に挨拶だけして、シャワーして寝ました。


-------------------- バス代 w13,700
[PR]
by poricha | 2005-07-30 00:00 | 春川日記2005
line

オカヤドカリのお世話


by poricha
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31