ぽり茶日記

poricha.exblog.jp ブログトップ

さっぱりすっきり

重い腰を上げて、ひさしぶりにヤド舎の大掃除をしました。
見た目そんなに汚れてないみたいだったのに、
砂を洗ったら結構フンがいっぱい浮いてきてびっくり。ごめんよ~。





水槽を丸洗いして、清潔な砂に取り替えて、引越し用貝殻たちもきれいに洗って、
その間、ヤドらには海水浴させて、と。さっぱりすっきりリニューアル。

あとそうね、豪快な流木がごろごろ転がってて欲しいところだけれど。
すまんのう、ヤドらよ。                           ※クリックで大きくなります。
a0043512_1822146.jpg



ヤド仲間のさみーさんのアイデアをいただいて、園芸シートで1階と2階を繋ぐ橋を設置。
さっそくロッキーが渡っています。
さっそく橋の下、温湿度計が剥がされて転がってるし・・・(´д`;)
a0043512_18223537.jpg


貝殻物色中の安倍さん。
そのサザエはきれいだけど、めっちゃ重たいんだよね~。
いくら安倍さんでも無理じゃないかなあ。
a0043512_18231212.jpg


2階でくつろいでいるスタンダール。
a0043512_18243639.jpg


食事中の金平糖。
ん?なんか変・・・。
あーっ!引っ越ししてるぅ!
緑サザエから緑サザエに引っ越したから気がつかなかったけど
よく見ると以前のよりちょっと大きくて表面がつるつるしてる。
a0043512_18232657.jpg
(追記)この後、何回も元の緑サザエと新しい緑サザエを行ったり来たりして、6/2現在
    新しい緑サザエに入居中。
    鶏は三歩あるくと忘れると言われるけど、オカヤドの記憶力も疑わしいですぞ。
    「お、こんなところに良さそうな貝殻みっけ♪」とばかりに、ぐるぐる回して穴が
    ないか確認、入り口に脚や頭をつっこんでサイズを計測、めちゃめちゃ時間を
    掛けて念入りにチェックしてからおもむろに引越し。
    「それ、つい昨日まで何ヶ月も住んでた宿やんか!」
    って思わずつっこまずにはいられません。(´д`;)
    新しい貝殻に引越ししたとたん、前の貝殻の記憶がリセットされるのかな。



2階の貝殻溜まりにたたずむあずきちゃん。
あずきちゃんの右斜め下に、金平糖が脱いだ緑サザエが転がってます。
今あずきが入ってる宿は金平糖のお下がりなんだけど
さすがにこの緑サザエはあずきにはまだ大きすぎると思うよ。
a0043512_18233912.jpg


登美子さんはヤド舎に戻してすぐに、右隅手前の脱皮床(小)に潜りこんで出てきません。(5/27~) 他の子に邪魔されないように、とりあえずフタしときました。
a0043512_18235857.jpg


ところで、5/25に撮影した登美子さんの写真に変なものが写っていました。
黄色い矢印の先の半透明にぷるるんっとしている物体。
前回の脱皮で落としてしまったハサミ脚の付け根のところです。
a0043512_19264147.jpg
さみーさんちのザリパパのように新しい脚が生えてくるところ?
いやいや、ヤドカリは脱皮のときに新しいパーツが再生するはず・・・。
登美子さん、謎を残して脱皮潜りの旅へと旅立っていきました。
うまくいけば6月末くらいには新しいボディで戻ってくるでしょう。
登美子さん、カムバ~ック!


(追記)5/31 脱皮床(大)にロッキーが潜りました。
    そのうち出てきちゃうかもしれないけど、とりあえずフタをしてあります。
a0043512_1927875.jpg
                  ロッキーと目が合ったところ。

(追記)6/03 スタンダールがロッキーの脱皮床のフタを開けて(器用!)
    潜ってしまいました。このままほっとこうかしばし悩んだ末、ケースを
    取り出して底から覗き込むと、ちょうど両端の底部分にいる様子。
    では、と、仕切り板を真ん中に差し込んで接触事故防止備えをして
    またケースをヤド舎にもどしました。
    これで地上にいるのは3匹だけになり、ちとさびしいヤド舎です。

(追記)6/03夜、スタンダールが出てきたので脱皮床からつまみ出す。現在地上に4匹。
[PR]
by poricha | 2007-05-27 23:50 | オカヤドカリお世話
line

オカヤドカリのお世話


by poricha
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31