ぽり茶日記

poricha.exblog.jp ブログトップ

レトロパン屋

会社の側に、映画『三丁目の夕日』から抜け出したようなパン屋さんがある。
おじいさんとおばあさん、ふたりだけでやっているようだ。
店の奥にパン焼き釜があって、手作りパンを小さなショーケースに並べている。

この界隈では密かな人気のようで、近所の会社員らしいお揃いの作業服を着たおじさんたちが、手に手にパンの袋をぶら下げながら「コンビニのパンよりおいしいし安いし♪」と、ニコニコ出てきたりする。

キナコパン、クリームパン、あんドーナツ、ツナパン、野菜パン、コロッケパン・・・
品揃えも素朴、お値段も素朴。
最近お目にかかれないシベリア(カステラに餡子が3cm)があったり
メロンパンにかぶりついたら中に白餡がしこんであって度肝抜かれたり@@;
a0043512_1950449.jpg
ショーケースの片隅の 『スペシャル』 と名前づけられたパン。
縦にぱっくり切れ目を入れてクリームを挟んで、缶詰のミカンを一切れ
チョコンと載せただけ、しかもお値段80円の、このパンのどこがスペシャル?

「クリームがバタークリームなの。昔はバタークリームしかなかったけどね、
今じゃほとんど使われなくなったでしょう。だからスペシャル」 と、にっこり。
な、なるほど~。おじいさん、ちゃんとお店の売りを心得てらっしゃるのね。

お幾つくらいだろう、仲睦まじい老夫婦の元気に立ち働く姿を見ていて、こんな風に老後を送るのもいいな、と、微笑ましく羨ましく思ったのだった。
[PR]
by poricha | 2006-03-04 21:32 | 日記
line

オカヤドカリのお世話


by poricha
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31