ぽり茶日記

poricha.exblog.jp ブログトップ

たぶん 悲しいことが起こった

■出来事

12/10、そうじでもしようと隠れ家を手に取ると・・・
空っぽのだいずの貝殻が隠れ家の入り口付近に転がっていました。
そして、貝殻の横の砂の塊にヤドカリの目らしきものが。
ピンセットで砂の塊をつつくと、小さい鋏脚も見えました。

そして、隠れ家の奥の方でなにやらチロチロと動くものが。
目を凝らすと、それは金平糖の貝殻に入ったヤドの触覚でした。


■何が起こったの?

《隠れ家の奥で金平糖が脱皮していたところに、だいずが入って来て》

①だいずは入り口で力尽きた。 → 死んだ子:だいず  奥の子:金平糖
②だいずが、脱皮中の金平糖から貝殻を奪った。 
                    → 死んだ子:金平糖  奥の子:だいず

奥の子がどっちにしろ、自分から出てくるまではそっとしておくつもりです。
だいずと金平糖は色も大きさもよく似ていて見分けが難しい子たちでしたから、
脱皮して雰囲気が変わって出てきたら余計どっちかわからないと思います。


隠れ家の中に金平糖がいるのを確認していたら。
だいずを、ちびヤド舎ではなく別のケースに入れていたら。
こんな悲劇は起きなかったかもしれないと考えると悔やまれます。

今回のことで、つくづく複数飼いの難しさを痛感。
残った6匹のヤドたちを無事故で長生きさせてやりたいけど自信なし。 (i_i)
[PR]
by poricha | 2005-12-12 22:19 | オカヤドカリお世話
line

オカヤドカリのお世話


by poricha
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30